JAのべおか

旬だより

ホーム  > 旬だより  > ニュース  > 中玉トマト収穫

中玉トマト収穫

2017年8月 1日

 北方町上鹿川の名産、中玉トマトの収穫が7月から始まりました。標高500メートルの山あいの里の厳しい寒暖の差が色づきのよい高品質の中玉トマトを育てます。4戸が栽培。作付面積は28アール。収穫は11月中旬まで続きます。予想収量は昨年並みの11トンを見込みます。

 生産者の1人、中村義幸さんも収穫に励んでいます。品種は甘さと酸味のバランスがよい「シンディースイート」。ハウスは2棟。栽培面積10アール。うち1棟は標高700メートルの上鹿川キャンプ場隣にあります。

 収穫した中玉トマトはJAを通して宮崎市の市場に出荷。一部はJAの産地直売所「ふるさと市場」や同町の道の駅「北方よっちみろ屋」にも届けます。「もっと技術を向上させて収量を上げたい」とレベルアップを目指す義幸さんです。

 

トマト_0975.JPG

  【写真】 中玉トマトを収穫する中村さん

 

 

ホーム  > 旬だより  > ニュース  > 中玉トマト収穫

リスク管理・法令遵守