JAのべおか

旬だより

ホーム  > 旬だより  > ニュース  > 次郎柿収穫祭

次郎柿収穫祭

2017年10月31日

 北方町の特産品「次郎柿」の収穫祭は10月25日、同町蔵田の松原美幸さんの果樹園で行われました。今季は夏場の高温や台風など厳しい環境にもかかわらず、摘果の徹底など生産者の努力で糖度が高く玉太りも良好。「例年以上のおいしい柿に育った」と胸を張る松原さんです。収穫は10月上旬に始まりました。11月下旬まで続きます。

 収穫祭には県、延岡市、JA延岡、生産者ら約30人が参加。園内では松原さんはじめ妻の洋子さんや近所の生産者が色づいた次郎柿をハサミでていねいに収穫しました。

 次郎柿は外観が四角に近くて甘く、しっかりした歯ごたえが特徴。栽培戸数は12戸。栽培面積は7.1ヘクタール。今年は昨年の2倍強の6トンの収量を見込みます。

 出荷先は宮崎市、延岡市など県内が中心。JAの産地直売所「ふるさと市場」や道の駅「北方よっちみろ屋」などにも出品します。

 

JA延岡_0026.JPG

  【写真】 次郎柿を収穫する洋子さん

 

 

ホーム  > 旬だより  > ニュース  > 次郎柿収穫祭

リスク管理・法令遵守