JAのべおか

JAだより

ホーム  > JAだより  > JAだより - 2018年7月号(No.339)

JAだより - 2018年7月号(No.339)

2018年6月20日

JAだより - 2018年7月号(No.339)
表紙:地域農業の次代を担う

田植えが最盛期を迎え、田園が活気づいている。受託含め18ヘクタールの田植えを1人で行う大貫町の瀧本喜義さん。昨年は水不足や病害などで不作に終わった。10アール当たりの収量は360キロ。「今年は480キロを目指す」ときっぱり。就農して37年。57歳。長老と若手の懸け橋的存在。地域農業の次代を担うひとりだ。

今月の主なニュース
  • JAと延岡市が増頭奨励金を
  • 生産組合長連絡協議会
  • 延岡地区無人ヘリ防除部会
  • 自動噴霧装置「なからっぽ」
  • JA創造的自己改革
  • 新しくなった恒富支店
  • 今月の朝ご飯
電子ブックで見る:(JAだより - 2018年7月号(No.339))
PDFファイルを見る:(JAだより - 2018年7月号(No.339))
ホーム  > JAだより  > JAだより - 2018年7月号(No.339)

リスク管理・法令遵守