JAのべおか

JAだより

ホーム  > JAだより  > JAだより - 2019年11月号(No.355)

JAだより - 2019年11月号(No.355)

2019年10月23日

JAだより - 2019年11月号(No.355)
表紙:農地を守れ

稲刈りが最盛期を迎えている。沖田町の山内憲次さんは積極的に受託作業を引き受ける。近年は高齢化により、代かきから収穫まですべての作業を任せる耕作依頼が増えているという。山内さんは「耕作放棄地を放っておけば田んぼが荒れ放題になる。農地を守るため耕作依頼にも極力応えたい。そのためにも早急に基盤整備を」と訴える。山内さんの声が届くことを切に願う。

今月の主なニュース
  • JA自己改革 準組合員アンケート
  • 第13回農業まつり
  • 竜巻各地に爪痕
  • 江藤農相が竜巻被災地視察
  • 農産漁村女性サポート協議会
  • とんとん教室
  • シェフ永井のおすすめ
電子ブックで見る:(JAだより - 2019年11月号(No.355))
PDFファイルを見る:(JAだより - 2019年11月号(No.355))
ホーム  > JAだより  > JAだより - 2019年11月号(No.355)

リスク管理・法令遵守